注意欠陥多動性障害、双極性障害により障害基礎年金2級を取得し、年額約78万円を取得

相談者:男性(20代/学生)

傷病名: 注意欠陥多動性障害、双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年金額:約78万円

相談者様の状況

躁鬱状態を繰り返し症状が安定せず、大学を休学しています。1日中横になって過ごしています。精神障害者手帳は3級を取得しています。

中学生頃から自分がADHDじゃないかと疑いながらも、特に病院は受診せず、高校、大学と生活を送っていました。しかし、大学入学すると生活リズムが崩れ、まずは睡眠外来を受診しました。

半年ほど通院したものの改善が見られず、生活リズムの原因が発達障害にあるのではないかということで転院。専門医で発達障害と双極性障害と診断されました。以降、予約制の病院ではないため、調子に合わせて通院を継続しています。

 

相談から請求までのサポート

自分で手続きをするのは困難ということでご依頼いただきました。

やりとりは主に電話と郵送で行い、詳しい症状を伺いながら、手続きを進めました。

症状によっては外出が困難のため、初診の病院は代理で証明書の依頼へ行きました。

診断書を作成いただくのに時間がかかってしまいましたが、請求から2ヵ月で受給が決定されました。

 

結果

障害基礎年金2級が認定されました。

大学を留年し、学費が払えなく途方に暮れていましたが、障害基礎年金2級を受給することができ、安心して生活できます、とおっしゃっていました。

 

ポイント

☑精神障害者手帳の等級が3級でも、障害基礎年金が受給できる可能性はあります!

☑お客様に合わせた手続き方法をとりますので、来所困難な場合でもお気軽にご相談ください!

精神疾患(うつ病・統合失調症など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ