統合失調症により障害基礎年金2級を取得し、年額約100万円を取得

相談者:女性(30代/主婦)

傷病名: 統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年金額:約100万円

相談者様の状況

精神的な不調が出始めたのは10代後半からで、今現在も通院しています。幻覚や妄想の症状で入退院を繰り返し、結婚・出産した現在も症状が変わりません。家事や子育ては家族に手伝ってもらいながら生活しています。精神障害者手帳は3級を取得しています。

 

相談から請求までのサポート

障害年金を受給したいと、ご主人とともに相談会にいらっしゃいました。

受給できるかどうか不安だということで、すぐにご依頼いただき、手続きを始めました。

症状は2級相当で受給できる可能性は高いと感じていたのですが、悩みポイントは初診日をどこにするかということでした。

この方の場合、初診は1回のみの受診で、その後病院を受診するまでの期間が5年程空いていたため、社会的治癒が認められる可能性を考えました。ご本人様の希望を伺い、再受診した日を初診日として請求を行いました。

しかし、審査の過程で返戻があり、結果的に社会的治癒は認められず、事後重症請求に切り替えて行うこととなりました。

 

結果

障害基礎年金2級が認定されました。

貰えないと諦めていた年金をもらうことができてよかったです、との感謝のお手紙をいただきました。

 

ポイント

☑精神障害者手帳の等級が3級でも、障害基礎年金が受給できる可能性はあります!

☑ご本人様からの相談が難しい場合は、ご家族様からの相談も承ります!

精神疾患(うつ病・統合失調症など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ