腎疾患により障害厚生年金2級を取得し、総額約640万円を取得

相談者:女性(50代/会社員)

傷病名:糖尿病腎症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約640万円

相談者様の状況

週に3回の透析治療を受けています。

糖尿病網膜症により病院に行ったのは約7年前。

以降いくつか転院はしていますが定期的に通院をしていましたが、3年程前に腎臓の数値が悪化し、2年前に人工透析となりました。

仕事中に時々調子が悪くなることもあり、休日は半日以上寝ていることが多いです。

相談から請求までのサポート

相談会にお越しになりすぐに依頼を受けました。

初診の病院はカルテが残っていませんでしたが、2番目の病院への紹介状で初診日は特定できました。

受診状況等証明書、診断書ともに2週間かからず書類を作成していただくことができ、受任から1か月で請求できました。

結果

障害厚生年金2級が決定しました(5年有期)。

ポイント

☑人工透析治療を受けている方は、障害認定日請求ではなく事後重症請求で行う方が多いです。事後重症請求は請求のタイミングが受給金額に影響されますので、早めにご相談ください!
☑在職中の方も、専門家に依頼することで、ご自身で行うことは最小限かつ最短での手続きができます!

その他(人工透析・人工関節など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ