急性大動脈解離により障害厚生年金3級を取得し、年額約60万円を取得

相談者:男性(30代/会社員)

傷病名:急性大動脈解離
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年額:約60万円

相談者様の状況

7カ月前、通勤途中で急に胸が痛みだし呼吸困難になりました。

途中下車し、救急車で病院へ搬送されました。即日人工弁置換手術を受け、現在は経過観察のために定期的に通院しています。


発症以降は今まで通りの働き方はできなくなりましたが、通院による休みや残業免除など会社の配慮もあり、身体に負担かからない範囲で仕事をしています。


多少無理をしてしまうと体調をすぐに崩してしまうため、日常生活は慎重に行動しています。

相談から請求までのサポート

始めはメールでお問い合わせいただきました。

障害認定日の特例に該当するため、すぐに請求ができるとお話しをさせていただきましたが、自分でやるか依頼するか検討すると保留になりました。その後ご依頼いただき、すぐに診断書の依頼にとりかかりました。


診断書は郵送で依頼ができたため、弊社と病院とでやりとりを行いました。

病歴・就労状況等申立書は、メールで確認しながら作成しました。

結果

障害厚生年金3級が認定されました。
審査中に転居されため、受給決定後に住所変更の手続きを行いました。

ポイント

☑人工弁置換の方は原則3級に該当します!
☑本来の認定日(初診日から1年6か月経過した日)前でも請求できる特例があります!
☑診断書の作成や訂正依頼などは、病院と直接やりとりさせていただくことも可能です!

脳疾患・心疾患についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ