僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症により障害者特例を取得し、年金額約66万円を取得

相談者:男性(60代/年金受給者)

傷病名:僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症
決定した年金種類と等級:障害者特例(特別支給の老齢年金)
年金額:約66万円 ※障害者特例部分のみ

相談者様の状況

弊社関係先の従業員様から、お父様についてご相談いただきました。悪性リンパ腫や脳梗塞などいくつかの病気を患い、50代前半で退職しました。以後、仕事ができる状態ではありません。

相談から請求までのサポート

現在、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分のみ)を受給中でしたので、障害年金の他、障害者特例の請求という方法があります。まずは、どの病気で請求するか、どの方法で請求するかについての相談から始めました。

手続きの途中で、人工弁置換手術を行ったという連絡をいただき、確実に受給できる方法を希望されたため、取り急ぎ障害者特例で手続きを行いました。

結果

障害者特例が認定されました。受給期間は65歳までになりますが、受給額が増えたことに喜んでいただけました。

ポイント

☑障害年金以外の請求方法もありますので、相談者様の最善な方法をご案内いたします!

☑請求のタイミングによっては、受給額に影響することもありますので、お早めにご相談いただくことをお勧めします!

その他(人工透析・人工関節など)についての受給事例の最新記事

脳疾患・心疾患についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ