急性大動脈解離により、障害厚生年金3級を取得し、年額約98万円を取得

相談者:男性(40代/会社役員)

傷病名:急性大動脈解離
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年額:約98万円

相談者様の状況

事務所で突然激痛に襲われ、救急車で搬送されました。人工弁置換手術を受け、先月から復職しましたが、今まで通りの働き方はできず、体調を考慮しながら短時間勤務をしています。
弊社顧問先の社長様で、1年ほど前に保険代理店様向けの勉強会に参加いただいていました。
1年6か月経過してからでないと請求できないのでは?と質問をいただきましたが、人工弁は手術日が認定日になるため、すぐに請求手続きを始めました。

相談から請求までのサポート

今回、直接お会いしてお話を伺うことはありませんでしたが、メールと電話のやりとりでスムーズに手続きができました。
診断書は記載漏れがあったため、追加のやり取りが必要でしたが、ご依頼いただいてから1か月かからずに請求手続きが完了しました。

結果

障害厚生年金3級が認定されました。
審査もスムーズに終了し、2ヶ月で通知が届きました。

ポイント

☑まさか自分が…ということは大いにあり得ることです。知っていたからこそ受給することができます。障害年金制度について、周りの方にも是非ご案内ください。

☑本来の認定日(初診日から1年6か月経過した日)前でも請求できる特例があります!

☑医証は請求前に確認し、不備があれば訂正の依頼をいたします!

 

その他(人工透析・人工関節など)についての受給事例の最新記事

脳疾患・心疾患についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ