双極性障害により、障害基礎年金2級を取得し、年額約100万円を取得

相談者:女性(40代/主婦)

傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年金額:約100万円

相談者様の状況

お問い合わせフォームからご相談いただきました。
病歴は8年ほどになります。躁とうつを短いサイクルで繰り返し、1年を通して安定しない状態です。パート就労をしていますが、頻繁に欠勤を繰り返し、続けていくのが困難な状況です。

相談から請求までのサポート

体調がなかなか整わず、メールをいただいてから1か月半後にお会いすることができました。
既にパートは退職されていました。その後はメールと電話で連絡をとりあいました。

4-5か所の病院への受診歴があったため、まずは電話でカルテの有無を確認してから証明書を取得し、初診日を特定しました。残念ながら、障害認定日当時に通っていた病院にはカルテが残っておらず、
事後重症請求で行いました。

数か月前に主治医が変更となり、現在の主治医はあまり信頼ができないため、話はほとんどせずに薬だけもらいに行っている状況でした。そのため、診断書の内容も本人の症状をきちんと記載されたものではありませんでした。本人から主治医に、今まで話さなかった症状を訴えましたが、理解を得ることはできませんでした。

診断書に不安を感じていたため、病歴・就労状況等申立書には、本人の症状が伝わるように整えました。

結果

障害基礎年金2級が認定されました。お子様分の加給年金が付くため、年額は100万円を超える金額になりました。審査はおおよそ2ヶ月で結果が出ました。

ポイント

☑カルテの法定保存期間は5年のため、病歴が長い方は早めの手続きをお勧めします!

☑ご本人様の体調に合わせて手続きいたしますので、安心してお任せください!

精神疾患(うつ病・統合失調症など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ