広汎性発達障害により、障害基礎年金2級を取得し、年額約78万円を取得

相談者:男性(20代/無職)

傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年金額:780,100円

相談者様の状況

息子さんが20歳になるタイミングで、ご両親様からご相談をいただきました。精神障害者手帳の3級を取得しています。
最近初めてアルバイトでの一般就労を始めたものの、2ヶ月と続けることができず、障害者枠での就職を考えていらっしゃいます。

相談から請求までのサポート

現在は2番目の病院でしたが、初診時から同じ主治医の診察を受けていたため、医証の取得はスムーズに行うことが出来ました。
また、初診時の問診票や検査結果、診断書、学校の先生の報告書等を保管されていたため、病歴・就労状況等申立書も充実した記載で仕上げることができ、相談から約1か月半で請求手続きは完了しました。

結果

障害基礎年金2級が認定されました。
ご家族3人で受給を喜んでいただいたと伺い、こちらも大変うれしく思います。
ご本人様とは一度もお会いすることはありませんでしたが、ご家族みなさま笑顔でお過ごしになられることを願っています。

ポイント

☑20歳前に初診日がある場合は、20歳を過ぎてから請求ができます。

☑障害者手帳と障害年金の等級はイコールではありませんので、精神障害者手帳3級でも障害年金は2級で決定されるケースもあります!!

☑お子様の将来の安心のために、障害年金を請求しましょう!

精神疾患(うつ病・統合失調症など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ