多発性硬化症により、障害厚生年金3級を取得し、年額約60万円を取得

相談者:男性(30代/会社員)

傷病名:多発性硬化症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年額:約60万円

相談者様の状況

入院中に手続きの相談メールをいただきました。
約10年前に多発性硬化症と診断され、徐々に症状が進行し、補助用具を使用しなければ外出が困難な状態です。現在は車いすを使用しています。
転居に伴い数か所転院しており、ご自身での手続きが困難ということでご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

入院中のため、本人のご希望でメールと電話、郵送で手続きを進めました。
初診の病院は既に廃院していましたが、2番目の病院で紹介状があり、そこに前医の初診年月日の日付が記載されていたため、初診日を特定することが出来ました。
ご相談いただく前に診断書を取得されていましたが、状態が変わったため、改めて診断書を取得しました。

結果

障害厚生年金3級が決定しました。
退院後はバリアフリー対応の職場で就労しています。

ポイント

☑入院中の方の手続きもお任せください!ご希望に応じて病院への訪問相談も承ります!

☑初診日の病院が廃院していたり、カルテが破棄されていたりする場合でも、あきらめずにご相談ください!

☑障害年金は、働きながらでも受給できます!

その他(人工透析・人工関節など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ