特発性大腿骨頭壊死症により、障害厚生年金3級を取得し、65歳まで受給できる年金総額約1500万円を取得

相談者:男性(40代/会社員)

傷病名:特発性大腿骨頭壊死症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
65歳まで受給できる年金総額:約1500万円

相談者様の状況

1年ほど前から足に痛みを感じ、2か月前に人工関節の置換手術を受けました。歩行に支障があり、下半身に痛みを感じています。
医師からは安静の指示が出ていますが、会社側の都合もあり、職場に顔を出し軽作業を行っています。障害年金を受給できることを知り、相談会にお越しいただきました。

相談から請求までのサポート

ヘルニアや通風の持病があり、整形外科に通院していた経験があります。今回の病気を発症した時も最初に行った病院では通風と診断されました。どこが今回の傷病の初診になるか、まずは初診の病院の特定を始めました。可能性の考えられる病院を2つまで絞ることができ、そのうち1か所は「うちではない」と教えていただくことができたため、もう1か所で医証を取得しました。診断書は記載にいくつか不備があったため、訂正の依頼を行いましたが、スムーズにご対応いただき、初回相談の翌月に請求することが出来ました。

結果

障害厚生年金3級が決定しました。
初診日から1年半経過していませんが、人工関節の場合は置換日を障害認定日として請求ができます。また、永久認定で決定されため更新無く受給することができ、65歳までの受給総額は約1500万円になります。

ポイント

☑ご自身での手続きが困難な方も、トータルサポートで行いますので安心してお任せください!
☑ご自身では気付かない診断書の不備もしっかりチェックし、請求前に訂正依頼をさせていただきます!
☑最短で手続きを行います!

その他(人工透析・人工関節など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ