変形性頚椎症により、障害厚生年金3級を取得し、年額約120万円を取得

相談者:男性(60代/会社役員)

傷病名:変形性頚椎症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年額:約120万円

相談者様の状況

弊社顧問先の社長様です。該当するのでは?と障害年金の請求の提案をさせていただきました。肢体の障害の他、難病も発症しています。

相談から請求までのサポート

会社様に伺い、詳しくヒアリングさせていただきました。病歴が10年以上あり、病院もいくつか受診していたため覚えていないことも多々あり、初診がどこになるのかご本人ではわかりかねる状況でした。健康保険組合からレセプトを取り寄せましたが、様々な傷病で受診していたため、変形性頚椎症での受診をご本人に確認しながら順番に初診日の証明書の取得をし、初診日を特定していきました。

日常生活状況が本人の実際の状況より軽い診断になっていたため、病歴・就労状況等申立書で不自由さを補足しました。

結果

障害厚生年金3級が決定しました。
レセプトの開示請求や医証の取得に時間がかかってしまいましたが、審査は3か月で決定しました。

ポイント

☑病歴が長く病院名を思い出せない方も、あきらめずにまずはご相談ください!
☑病歴・就労状況等申立書の作成に不安のある方はお任せください!

その他(人工透析・人工関節など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ