くも膜下出血により障害厚生年金1級を取得し、年金額約220万円受給

相談者:男性(50代/無職)

傷病名:くも膜下出血
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
年額:約220万円

相談者様の状況

5か月前、朝出勤前に突然発症し、救急車で搬送されました。現在、意識は戻っているものの退院の目途はたっておらず、要介護5の認定を受けています。
内縁の奥様がHP検索から相談会にお越しいただき、ご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

初診日から1年6か月経過していないため、症状固定しているか否かによって、今請求できるか本来の障害認定日まで待つか、請求できるタイミングが異なるため、奥様から主治医に確認していただくことから始めました。
確認いただいた結果、症状固定で診断書が作成できるとのことでしたので、医証の取得手続きに入りました。初診の病院と現在の病院が異なるため、前医で初診日の証明書(受診状況等証明書)、現医で診断書が必要になります。取得後に確認したところ、どちらも内容に不備があったため、訂正の依頼を行いました。

結果

症状固定が認められ、障害厚生年金1級が認定されました。
相談会で内縁関係でも加給年金が付くのかご相談いただきましたが、申立書を添付することで加給年金の受給も可能です。月額18万ほど受給できるようになりました。
障害者手帳の取得ができていませんでしたが、障害年金の受給決定を受け区役所に相談にいったところ、指定医が入院先に診断にお越しいただくことができ、無事に手帳の取得もできました。

ポイント

☑ご本人とお話することが難しい場合は、ご家族様と手続きをさせていただきます!
☑本来の認定日(初診日から1年6か月経過した日)前でも請求できる特例があります!
☑医証は請求前に確認し、不備があれば訂正の依頼をいたします!

脳疾患・心疾患についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ