慢性閉塞症肺疾患、肺気腫により障害厚生年金3級を受給し、年金額約90万円を受給

相談者:男性(60代/会社員)

傷病名:慢性閉塞症肺疾患、肺気腫
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年金額:約90万円

相談者様の状況

弊社顧問先の従業員さんです。障害者手帳は取得されていましたが障害年金のことはご存じありませんでした。

相談から請求までのサポート

病歴が長く、初診日を特定することから始めました。初診の病院名を覚えていませんでしたが、記憶をたどって病院があった場所の周辺を散策し、見つけることが出来ました。幸い当時の主治医はいらっしゃいましたが、カルテは破棄されてしまっていました。次の病院へは紹介状を持って受診していましたが入院記録しか残っておらず、保険会社から記録を取り寄せたり、家の中をくまなく探したり、何とか初診日を特定できました。医証に不備があったため訂正をお願いしなければなりませんでしたので、本人に代わって年度か病院と折衝しました。

結果

障害厚生年金3級が認定されました。
審査は6ヶ月かかり、途中医師への照会も行われたようですが、無事に決定がおりました。
在職老齢年金の仕組みにより特別支給の老齢厚生年金は支給が停止されていましたが、障害厚生は所得制限がありませんので、喜んでいただけました。

ポイント

☑病歴が長い方でも、初診日を特定することは可能です!
☑働きながらでも、障害年金は受給できます!
☑在職老齢年金の仕組みにより年金の支給が停止されている方でも、障害年金は受給できます!

その他(人工透析・人工関節など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ