慢性腎不全により障害基礎年金2級を受給し、年金額約78万円を受給

相談者:女性(50代/事務職)

傷病名:慢性腎不全
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年金額:780,100円

相談者様の状況

HP検索から、ご自宅に近いということでご主人と一緒に相談会にお越しいただきました。2年程前に慢性腎不全の診断を受け経過治療を行っていましたが、昨年8月から人工透析治療を開始されていました。事後重症請求のお話をしたところ、ご自身で手続きするより安心だということでご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

病歴が長くなく、初診~現在まで同じ病院を受診していたので、相談会~1ヵ月かからずに請求ができました。その月の年金事務所の最終営業日が月曜日で、その前の週の木曜日に確認した時はまだ診断書が取得できていない状況でしたが、翌金曜日に取得の連絡があり、病院で受け取った足で事務所にお越しいただき、診断書の確認を行いました。記載漏れが数カ所あったのですが、すぐに電話で病院に問い合わせ、当月中に請求することができました。

結果

障害基礎年金2級が認定されました。
請求から約1ヵ月半で決定の連絡があり、早くてびっくりされていらっしゃいましたが、「ほっとした」とおっしゃっていました。障害年金の受給が安心につながったようで、大変うれしく思います。

その他(人工透析・人工関節など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ