知的障害により障害基礎年金2級を取得し、年金額約78万円を受給

相談者:女性(20代/障害者雇用)

傷病名:知的障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年金額:780,100円

相談者様の状況

娘さんが20歳になるタイミングで、お母様からご相談をいただきました。
軽度の知的障害で障害年金が受給できるか不安を感じており、受給の可能性を高めたいということでご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

既に「病歴・就労状況等申立書」をお母様が作成されていたので、相談会にお持ちいただきました。
お母様作成の申立書を元にヒアリングを行い、加筆・訂正をしながら書類を整えました。
日常生活についてお母様の援助が必要であることは主治医もよくご存知でしたので、労働状況の不自由さをどのように書面にまとめるかが重要なポイントでした。

結果

障害基礎年金2級が認定されました。
療育手帳と障害年金の等級は直接の関わりはありませんが、等級の判断の目安として1級が最重度〜重度、2級が中度と言われています。20歳前傷病での請求のため、2級以上に該当することが受給の条件のため、軽度の場合は受給している方もいれば受給していない方もいらっしゃいます。
3年の有期認定のため、終身の受給が確定しているわけではありませんが、娘さんの将来の糧となるものができたことに安心されていました。

精神疾患(うつ病・統合失調症など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ