慢性腎不全により障害厚生年金2級を取得し、年金額約120万円を受給

相談者:男性(20代/パート)

傷病名:慢性腎不全
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
年金額:約120万円

相談者様の状況

知人の方からフリーダイヤルにお電話いただき、ご本人様とおふたりで相談会にお越しいただきました。人工透析を開始してからはフルタイム勤務が難しく、パートで仕事を続けていらっしゃいます。

相談から請求までのサポート

実際にお会いしたのは1回のみで、その後は携帯のメールで連絡・報告をし、確認や依頼は郵送で行いました。病院に診断書を依頼・取得した後、現在は別の病院に通院していることが発覚し、診断書を依頼した病院では作成いただきたい現症日で診断書を取得することができず、取り直しが必要な事態となりました。そのため、相談いただいてから請求まで3ヶ月程かかってしまいましたが、診断書を依頼する際に書いていただきたい現症日を書面でお願いしていたので、支払った書類作成費用は返金いただけたこと、認定日請求のため受給額に影響しなかったことは幸いでした。

結果

障害厚生年金2級(5年有期)の受給が決定しました。障害認定日の特例で1年6ヶ月経過前に請求ができ、相談いただいたタイミングがとても良かったです。パートに転換したことで下がってしまった給料を障害年金でカバーすることができ、喜んでいらっしゃいました。

その他(人工透析・人工関節など)についての受給事例の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談 お気軽にご相談ください 0120-606-417
障害年金無料診断キャンペーン
ページ上部へ